注意点。マンションを賃貸に出すとき

自分で税金を納める必要があるので注意

マンションを賃貸収益用に持っている不動産管理会社は賃貸マンションの運営には無くてはならないパートナー自分で税金を納める必要があるので注意

マンションを賃貸に出す場合にはサラリーマンとは違い、自分で税金を納める必要があります。
つまり確定申告で直接納める必要があるのです。
そのため、ある程度にしろ税金のシステムを知らなければなりません。
マンションを賃貸に出す場合には所得税や住民税などが発生します。
そして、これらは累進課税となって居るため、収益が大きくなって行くと税額も大きくなって行きます。
そのため、一層の理解が重要となるのです。
ここで、ここで今気をつけていることについて述べてみます。
今は退去リスクの低減に努めています。
これはマンションは入居者に退去されてしまうと、収益が完全に途絶えてしまい、固定資産税ばかりが発生して赤字になってしまうからです。
そのために私は積極的な設備交換に努めています。
具体的にはインターホンをカメラ付きに変えるとか、水まわりのリフォームに気をつけた点です。
そして、それは静かにではありますが、実績を上げて来ています。
以上、私の経験を述べましたが、気をつけた点がお分かりいただけたと思います。
どうかこの経験を参考にして、ご自身のビジネスに活かしていただきたいと思います。